イカオ・アコの活動成果

 イカオ・アコでは、1997年からフィリピンのネグロス島及びボホール島でマングローブの植林を行っています。2020年3月までに173万本の植林を達成し、約10ヘクタールの森林が衛星写真から確認できるようになりました(Google Earth)。下の写真はボカナ村の海岸線を示していますが、波打ち際が住居の近くに迫ってきています。大きな波浪が起これば家屋が流される可能性があります。イカオ・アコが重点的に植林を継続し、●年のGoogle Mapで海岸線に整然とマングローブが再生されているのが理解できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です